竿燈を振り返って

2008年の竿燈を振り返って

なぜ今頃っ??
と、怒りをあらわにするかたもいらっしゃるかもしれませんね…
去年の反省もどこへやら…
ようやく今年の祭りを振り返りますことをお許しください。
しかし、初冬のこの時期、
みなさんの頭の中から竿燈のことが少し薄れたタイミングで、
熱き夏の4日間を振り返るのもオツというものではないでしょうか。
言い訳もこの辺にして、さっそくいきましょう!

サマーフェスタ2008(アゴラ広場)

イベントの内容はこちらから

竿燈まつり期間の日中、秋田駅前アゴラ広場を会場に今年もサマーフェスタ2008を開催しました。
男鹿のなまはげ太鼓やヤートセ秋田祭りの演舞を始め内容盛りだくさん。夜から始まる竿燈まつり本番に備え、おまつり気分を盛り上げてくれました。

横手市から期間中毎日提供していただいたミニかまくらです。今年は天気がよく暑い日が続いたので、子ども達に大人気。近づくと周りはヒンヤリ!!さわると気持ち良かったです。 こちらはハワイアンフラダンス。初めて見た私は、お姉さん方の衣装に正直ドッキリ!心なしか・・・と言うか間違いなく、この時ばかりは通りがかりのお父さん方は必ず足を止めていましたね。
もちろんおまつりの主役の竿燈の披露もありました。会場がちょっと狭いのとビル風が強いため、竿燈の差し手の人達は苦労していました。 ヤートセ秋田祭りの演舞です。大人に混じってちっちゃな子どもさんも一生懸命踊ってました。ヤートセ秋田祭りの本番は毎年6月に、秋田市大町を会場に開催されます。みなさんも是非足を運んでください。

ページの先頭へ

第62回竿燈妙技会

8月4日から6日まで、千秋公園中土橋を会場に行なわれた第62回竿燈妙技会。 昨年は雨にたたられましたが、今年は、ご覧の通りの快晴で、最終日まで暑い中での熱き戦いとなりました。

スカイブルーに映える竿燈 千葉真子さんです。笑顔が可愛いです。

妙技会初日には2016年東京オリンピック招致活動の一環としてマラソンランナーの千葉真子さんやノルディック複合の畠山陽輔選手たち一行が会場を訪れ、チャレンジ竿燈に参加してくださいました。

竿燈まつりのことが千葉さんのブログでも紹介されていますよ!

それでは、妙技会の各種目で優勝したみなさんを紹介しましょう。

大若団体規定優勝 下肴町(A)チーム 大若個人規定優勝
上亀之丁 富樫剛さん

大若団体規定で優勝した下肴町チームは、もう何年もこの不動の5人組で、参加しています。多少の波はあれ近年は各種目で安定した成績を残していました。
今回の優勝も、実力のなせる賜物でしょう!
年齢的にも差し手として旬な彼らは、今後も常に上位で先導し、大会をレベルの高いものにしてくれることと思います。おめでとう!
個人優勝の富樫さんは、これまで怪我や不運で泣いてきたけど、やっと栄冠をつかむことができました。
決勝は、突然の突風が差し手を襲う、厳しいコンディション。
下肴町の清水健司さんがすばらしい演技を見せた直後、いよいよ富樫さんの順番です。今回、富樫さんは予選から調子良く、決勝でも演技は終始安定。その結果の優勝です。
本人は演技終了後はさっぱり自信がなかったみたいですが。。。上亀之丁からは初めての優勝者なので、町内の喜びもひとしおでしょうね。

大若団体自由優勝 秋田大学チーム 大若竿燈囃子優勝 自衛隊チーム
小若団体規定優勝 登町チーム 小若竿燈囃子優勝 八日町チーム

そのほかの種目の優勝者のみなさんもイイ表情しています。特にこの小若の少年・少女たちは、十数年後、今度は大若の部門でみなさんを沸かせる演技・演奏を披露してくれるようになるんでしょうね。

画像はありませんが、このほか入賞したみなさんも、おめでとうございました!

ページの先頭へ

竿燈まつり 夜本番

さあ、ここからは夜のお祭りの紹介です。
今年の竿燈は総数255本ということで、過去最高。
世の中の景気の状況はどこ吹く風で、竿燈は年々賑やかになっていきます。こういう状況だからこそ、祭りを盛り上げねば!という心意気かもしれませんね。

メイクもGood!招福子狐 佐竹市長とともに入場する
谷川東京都副知事(左)
威勢良く入場する竿燈屋台 山王十字路周辺の人出

ページの先頭へ

入場行進では招福子狐による先導は、もうおなじみになりました。
今年もかわいらしい子狐たちに降り注ぐカメラのフラッシュがすごかった!
オリンピック招致委員会の副会長である東京都副知事の谷川さんも、初めての竿燈観覧。かろうじて明るさの残る西の空に景気の良いのろしの音がこだますると同時に、竿燈屋台入場!
ややもすると会場周辺は演技前からご覧の人だかりです。

それでは演技の様子。
大町方面から先頭を切って入場してきたのは、下肴町竿燈会のみなさん。アナウンスで大若団体規定優勝チームと紹介されると沿道からは大きな歓声が上がっていました。その誇らしげな演技をご覧ください!

下肴町 優勝おめでとうございます!!
竿燈まつり実行委員会提供の優勝提灯
3人衆競演 寺町二区 明日への伝承 向馬口労町
金色の稲穂 秋田美人
“保鉄スタイル”
竿燈のトロフィーの頂上にある銅像も、このフォームがモチーフになっていますね。
“継ぎ竹8本”
これは小若です。たしか寺町四区だと思ったけど。最終日はこんな遊び心があるから面白い!
川口竿燈会のこのかたの額の演技、真横から見ると。。 痛そーっ。。すごいですね。今にもズリ落ちそうなんだけど、なぜか竿はすごく安定してました。
登町囃子方
綺麗なお囃子2人組。笑顔を向けてくれました。
こちらは室町です。
男性の年季の入ったお囃子も格好よくて好きです。バチの持ち方が素敵ですよね。
差し手は観客席のまさに目の前で! 小若衆も負けてません! 下肴町
元BOOWYの高橋まことさんです。すっかり竿燈がお気に入りのようで、今年も来てくださいました。 昨年、大若個人優勝の登町の高田さん。お客さんを楽しませるすべを熟知してます。この方の周囲は大盛り上がりでした。
演技の最後は馬口労町の椎名兄弟で。。こちらは弟の剛さんです。技はもちろんご覧の通りルックスも素敵ですぅぅ♪ こちらは兄の一義さん。
去年の妙技会の大若自由演技では、腰の演技で観衆の大喝采を呼び起こしたのが印象的でした。ホント鳥肌がたちました。

という感じで竿燈まつりの4日間はあっという間に過ぎて行きました。
今年は昼も夜も通じて、暑くて祭りらしい祭りでしたね。
また来年も天候に恵まれれば良いな~。

ページの先頭へ

来年に夢を乗せてしゃぼん玉
本町五丁目
ふれあい竿燈で記念撮影
今年のまつりも終演 退場も威勢よく!秋田県立大学

ページの先頭へ

2008フォトコンテスト

今年は全国から312点の応募をいただき、最優秀賞の推薦にはなんと今年も去年に引き続き、秋田市の佐藤政孝さん!入賞者には記念品(キャッスルホテルお食事券1万円分など)が送られ、入賞作品はJR秋田駅ぽぽろーどに展示されました。

結果はこちらから

推薦「始まるぞ!」
今年も推薦は秋田市の佐藤政孝さん。
まつりの始まりを今か今かと待つ差し手、観衆の期待が伝わってきますね。ちなみに作品の審査会では推薦作品が決定してから、「あれっ!この人去年と同じ人じゃない」と職員が気付き、去年の資料を見るとその通り。
一同驚きでした。
審査会場の風景です。審査は全ての作品を並べ、その中から審査員が選びます。審査員は、秋田県写真協会会長、秋田市長、秋田市竿燈会会長、など、写真や竿燈の専門家です。 9/26~10/3まで秋田駅ぽぽろーどに入賞作品が展示されました。仕事帰りや買い物途中のみなさんが、足を止めて見入ってました。

みなさんいかがでしたか。今から来年のまつりが楽しみですね。

それではまた来年竿燈まつり会場でお会いしましょう。お待ちしております。

ページの先頭へ

  • 秋田市の泊まる
  • 秋田市の食べる
  • みんなと共にがんばろう!東北
  • アキタッチ+(プラス)
  • 竿燈おみやげ
  • 公式グッズ
  • 入札告知
  • 竿燈プレイバック
  • よくあるご質問
  • 協賛企業
  • PR公演
  • 小・中学校への竿燈派遣
  • このサイトについて
  • 個人情報保護について